ED治療は薬でも病院でもできる

ED治療といっても様々な手段や方法があります。なぜこのようにED治療に種類があるのかというと、人により様々な原因でEDになり異なってしまうからです。適切な治療法を選びましょう。

高価なED治療薬対策には激安タダラフィルが使える

病院で処方されるED治療薬には安心感があるものの、あまりにも薬代が高いために、何度も使用するのが難しい側面を持っています。薬代をできるだけ抑えたいなら、激安価格で購入できる、個人輸入代行サイトの利用が最適です。
長時間の持続効果があることで知られる、シアリスというED治療薬が存在しますが、シアリスを病院で処方してもらうと、1錠20mgで1800円程度します。これを個人輸入で入手できるタダラフィルに変更すると、1錠20mgで250円程度の負担で済みます。
圧倒的な価格差となっていますが、これには理由があります。シアリスが先発医薬品であるのに対して、タダラフィルは後発医薬品であるのが第一の理由です。後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれています。シアリスに習って作られる薬とあり、莫大な研究開発費をかける必要がありません。そのために後発医薬品は先発医薬品よりも安い価格で購入できる体制が整っています。
通貨価値の低い、インドなどの新興国で製造されているのが第二の理由になります。先進国よりも通貨価値が低いインドであれば、人件費や設備の維持費を安く抑えることができます。このような環境で製造されるため、薬代を安く設定できる利点を持っています。
インドで製造されるタダラフィルですが、きちんとした製薬会社のものですので、安くても安心して利用できるのがメリットです。
しかし、海外から個人輸入でタダラフィルを購入する際には、偽物を購入しないように注意しなければなりません。評判の確かな個人輸入代行サイトだけを利用して、慎重に注文しましょう。鑑定書などを公表している個人輸入代行サイトならば、比較的信頼できるといえます。