ED治療は薬でも病院でもできる

ED治療といっても様々な手段や方法があります。なぜこのようにED治療に種類があるのかというと、人により様々な原因でEDになり異なってしまうからです。適切な治療法を選びましょう。

内臓脂肪を解消しED治療、薬販売店で売られている?

内臓脂肪を解消しED治療をおこなう
カロリーの高い食事ばかりとっていながら、あまり身体を動かす機会がないと、内臓脂肪がたまってしまうようになります。内臓脂肪は男性に目立つ脂肪の付き方ですが、これがED治療を困難にする要因になることを知っておきましょう。
脂肪細胞からは動脈硬化を誘発する物質が分泌されます。これが原因で、血管内皮障害に陥ってしまうのが問題です。血管内皮という機能によって、男性器が勃起するようになっていますので、この機能に異常が起こると、EDを発症する確率が上がってしまいます。
最近、お腹周りが太くなってきたと感じたのと同時に、EDのような症状が見られるようになったなら、ED治療と、内臓脂肪を減らす工夫をしてみましょう。カロリーの高い食事ばかりをとる食習慣を改めて、適度な運動を取り入れつつ、規則正しい生活を送るようにすれば、次第に内臓脂肪が減ってきます。
ED治療薬はドラッグストアなどの、薬販売店には売られていません。会社帰りに店舗に立ち寄って薬を探しても、絶対に見つかりませんので諦めましょう。病院でなら受け取れます。医師の処方が必要な薬であるためです。EDの症状が辛く感じるのなら、機能を取り戻すためにも病院で治療を受けるようにしましょう。
病院で治療できるEDですが、残念なことに保険適用外となるため、高額な薬代がかかるのが欠点です。たったの1錠で1500円前後の薬代がかかります。1回1錠の服用で数時間の効果が得られます。時間は薬の種類によって違います。1日1回のみの服用です。2回目の服用では、必ず24時間以上の間隔をあけなければなりません。
1回の服用でEDが完治することはまずないため、その都度薬を服用し続けなければならないのが特徴です。